ヒゲの基礎知識

子供の頃は体毛が薄い場合がほとんどで、生えている体毛といっても眉毛や髪の毛などが生えているくらいですが
成長して思春期頃になってくると体毛が濃くなってくるのが一般的で、体つきも子供の体から大人の体へと変わっていきます。

ヒゲのシェービング

この頃になると見た目だけでなく心も大人に変わり始める頃なので、これまでの子供らしい性格から大人っぽさも現れるようになりますが、体つきの変化や心の変化は体から分泌されているホルモンの働きが大きく関係しています。

急に体毛が生えてくる場合が多いため、体の変化に心が付いていかないという人も多くいますが、体毛がたくさん生えてくるようになるのは個人差が大きく、人よりも変化が早く訪れると奇異の目で見られることもあります。

ヒゲも早くて体毛が濃くなる思春期頃から生えてくる人がいますが、女性は男性に比べると薄い場合がほとんどで、男性においても思春期頃は大人の男性のように毎日のようにヒゲを剃らないといけないというほど濃く生えてくることはあまりありません。

ヒゲ脱毛が必要になるくらい濃いヒゲが生えてくるようになるのは大人になってからとなりますが、大人になるとさらにホルモンの作用が大きくなるためで、一度濃いヒゲが生えるようになると生涯に渡って生え続けるという人がほとんどです。
また、一般的に体毛が薄いと言われている女性に関しても人によっては体質的な問題もあって濃い毛が生えてくる場合がありますが、男性に比べると女性の方が体毛に対しての感覚はデリケートであるため、濃いヒゲが生えるのは男性よりも女性の方が少ないのにも関わらず、割合でいうと女性の方がヒゲ脱毛をするケースは多くあります。

今でこそヒゲ脱毛という脱毛が広く行われていますが、脱毛と言えばどちらかというと女性の無駄な体毛を処理するために広まったものであるため、一般的な脱毛と言えばやはり女性イメージが強い部分もあります。

ちなみにヒゲと聞くと一般的には顎や鼻の下に生えてくる体毛のことを指す場合がほとんどですが、頬に生えてくる体毛もヒゲに分類され、体毛と言ってもいろいろな部位から生えてくるのが特徴的となっています。

ムダ毛の処理は大変だと言われていますが、これは毎日のように生えてくるということで大変という言葉が使われるのと他の部位の体毛に比べると毛が太くて濃い場合がほとんどなので、ムダ毛を処理する上で他の体毛よりも処理するのが面倒という意味での大変でもあります。

全身脱毛のおすすめは、医療です

脱毛の必要性

ヒゲの処理を始める年齢は早くて思春期頃ですが、この頃は体毛が濃くなる時期でもあり
陰毛やわき毛などが生えてくる時期でもありますが、口周りの毛に関してはそこまで多く生えてこないのが特徴となっています。

男性でも脱毛は必要なのか?

ヒゲ脱毛を行うくらい本格的に太い口周りの毛が生えてくるのはTanner分類上で第四部類に入り始めてからとなるので、ほとんどの人は大人になってから毎日のようにヒゲ処理が必要なくらい生えてくることになります。

ちなみに最近はヒゲ脱毛専用のエステやクリニックが開院されるくらいヒゲ脱毛の需要が高まっていますが、この背景にあるのは日本においては口周りに毛を生やすことが不清潔だと思われる部分があるためで、特に社会人はヒゲを剃るというのが最低限のマナーにもなっていることから当たり前のように処理をしています。

しかし、歴史を紐解いてみると今でこそ邪魔者扱いされるヒゲですが、歴史の教科書を見ても分かるように歴史の偉人達は口周りに毛を蓄えている人が多くなっていて、顔の面積よりも毛が多い人も少なくありません。これは日本に限らず海外の偉人についても共通して言えることですが、世界史に出てくる偉人の中には全く顔に無駄な毛を生やしてない偉人もいるので、ヒゲに対しての価値観は歴史によって違うだけでなく国によっても大きく異なっています。


腕脱毛しなと夏に恥かきます

また、最近の日本の傾向としておしゃれなヒゲを楽しむようになっている人が増えていて、自分で処理をしてきれいに整えてみたり、専用のサロンで整えてもらったりしてヒゲがある生活を満喫しているという人もいます。

これは現代の日本が様々な文化によって成り立っていることも関係して価値観の自由化が進んでいることも関連しているのですが、そのような価値観を持って楽しんでいる人はまだまだ少数派でほとんどの男性は毎日やたら生えてくる無駄な毛の処理に貴重な朝の時間を奪われてしまっています。

特にサラリーマンや公務員というのはヒゲを生やすことに寛容的ではない風潮が大きいため、脱毛をするというのもサラリーマンや公務員が多くなっていますが、最近は永久脱毛をすることもできるようになっているため、一度脱毛をしてしまえば再び処理をする必要が無いというメリットがあります。

ただし、名前の通り永久脱毛をしてしまったらそこから再び毛が生えてくることはなく
将来的にヒゲを生やすことが風潮となった時に生やすことができないということにもなるため注意する必要があります。

ひざ下の脱毛は怠らないようにしましょう

ヒゲ脱毛クリームと効果

社会人になって仕事をするようになると毎日の日課となるのが朝起きてからのムダ毛処理ですが、男性の多くは男性ホルモンの働きによって思春期頃から口周りに太くて黒い毛が生えるようになり、大人になってから生えてくるスピードや本数などが一気に増えてきます。

現代人はただでさえ忙しいと言われているのに朝の貴重な時間をムダ毛の処理に奪われるというのは辛いところでもあると思いますが、会社に社会人としてのマナーだと言われる以上はそれには従う必要があります。

しかし、最近はそんな面倒なヒゲ処理の負担を減らしてくれるための様々なヒゲ脱毛が受けられるようになりましたが、女性は男性に比べるとそこまでヒゲが生えてきて悩むということはありません。ヒゲ脱毛の市場に関しては男性が中心となっている市場ですが、それでもかなり多くのサロンやエステが開院されていて人気があるところでは数週間から数カ月にわたって予約待ちというようなところもあります。

サロンやエステに足を運んで処理をしてもらうと確実な効果が期待できるかもしれませんが、費用や時間的なことを考えていると足を運んでその日にすべての脱毛が終わるわけではないので得策とは言えない部分もあります。

そこでおすすめするのが脱毛クリームと呼ばれるクリームですが、これは除毛クリームと呼ばれることもあって名前の通り毛を取り除いてくれる効果があるもので、対象となるヒゲの部分に塗布することによって無駄な毛を溶かしてくれる効果があります。

ただし、注意しないといけないのは毛根を除去するわけではなくあくまで表面上に出てきている毛を取り除くためのものなので、永久脱毛的な効果が期待できるというわけではありません。

また、他には抑毛クリームと呼ばれるタイプのクリームもありますが、これは毛が生えてくるのを抑制するためのクリームで、対象となるヒゲに対して塗布することによってヒゲの生成を抑える効果が期待できます。これも完全に生えてくるヒゲを防げるというわけではありませんが、持続的な効果が望めるため、毎日のようにシェーバーで処理しないといけないことを考えると、塗るだけでいいので手間がかからないというメリットがあります。

ヒゲ脱毛クリームは通販サイトで購入することもできますが、それぞれのクリームによって成分組成は異なっており、肌に与える影響は異なってくるので、必ず事前に情報を集めてから購入する必要があります。

脱毛サロンのキャンペーンをチェックするといいでしょう